ヒトノワblog | hitonowa.net ヒトノワblog | hitonowa.net

WEB戦略

致知

2019年11月05日

孝弟なる者は、其れ仁を為すの本か

【學而第一】 仮名論語P2 孝弟なる者は、其れ仁を為すの本か(こうていなるものは それじんをなすのもとか) 【現代訳】 仮名論語 孝弟は人徳を成し遂げる本であろうか 【通釈...

2019年11月05日

語らざれば愁なきに似たり(かたらざればうれいなきににたり)

今回のテーマは「語らざれば愁なきに似たり」と言うテーマでした。 タイトルだけ見ると言葉で伝えることが大事なんだろうなぁ。。。と最初パッと見思ったのと、よく会長が「うれい」の話をされていて、そういう内...

2019年10月11日

読書尚友(どくしょしょうゆう)

はじめに 今回のテーマは「読書尚友」と言うテーマでした。 以前、「看却下」のテーマの時に斎藤武夫さんの記事で「歴史を学んだ子供たちは自己肯定感が高まる」ていうことを思い出して ...

2019年06月08日

和顔平議(わげんへいぎ)

心の動きは、そのまま顔に表れる。すなわち和顔を保つには、言葉づかいにも気をつけて人と交流し、顔を見ただけでホッとするような親しい人づきあいに心がけたいものだ。 【言葉からの学び】 ...

2019年03月21日

致知「志ある者、事竟に成る」P20 逆境が経営を大きく進化させてきた

今パソコンやスマートフォンで行っているやりとりがIOT(モノのインターネット)時代では 物で可能になるという話しが書いてありました。 これは、便利になる反面セキュリティのリスクを追うこと...

2019年03月11日

人々に生きる喜びと感動を

劇団四季を立ち上げた浅利慶太さんの後を次いだ吉田社長の話しが印象的でした。 志があってもそれを継いでくれる人物がいなければ組織は衰退しなくなってしまうと思います。 吉田社長は浅利慶太の思...

2019年03月06日

特集 「志ある者、事竟に成る」 

特集「志ある者、事竟に成る」 歴史書の「後漢書」にある言葉で堅い意志を持つ者は、いかなる困難に遭っても必ずその志を成し遂げる、という意味だそうです。 伊能忠敬の話しが書かれていました。四十九歳...