ヒトノワblog | hitonowa.net ヒトノワblog | hitonowa.net

栃木のランチ・遊び場♪

今宮神社 (さくら市)

2019年06月24日


~紫陽花と水のパワースポット~



宇都宮から近い場所で、紫陽花を楽しめるスポットがないかな…と探していたところ、「今宮神社がいいよ」と教えてもらいました。


さくら市にある「今宮神社」では、手水舎(てみずや)に浮かぶ美しい紫陽花の花を楽しめます。


紫陽花


手水舎とは、参拝者が口や手を清めるところ。

龍の口から水が流れ落ち、色とりどりの紫陽花が濡れて輝く光景は、この世のものとは思えないほどキレイ。


手水舎

龍の口

昨年から梅雨の時季に紫陽花を浮かべるようになったそうなので、まだ知らない人も多いのでは。



しかも、今宮神社では6月限定の「紫陽花特別御朱印」(500円)が手に入ります。
紫陽花と水をイメージした、色鮮やかな御朱印です。


限定の御朱印

御朱印


紫陽花の他には、桜、イチョウ、お正月の時季に特別な御朱印を授与しているそうです。
お正月の御朱印には、その年の干支が描かれているのだとか。


桜の御朱印
※ご厚意により、桜の時季の御朱印を見せていただきました。


なぜイチョウの御朱印があるかというと、今宮神社の大イチョウは、推定樹齢700年という貴重なご神木だから。

今は深い緑色ですが…。


大イチョウ


秋には黄金色の姿になり、ライトアップされます。


大イチョウ祭り
※今年の日付ではありません。事前に内容をご確認ください。


今宮神社はまず、大きな鳥居をくぐって…。


今宮神社


灯篭が並ぶ参道を歩きます。


参道


すると、立派な楼門があります。


楼門


楼門をくぐると、紫陽花の浮かぶ手水舎があります。


手水の作法


心身を清めて、拝殿で参拝。


拝殿

拝殿内


御朱印がもらえる社務所はこちら。


社務所


イチョウの柄が描かれているお守りも販売されています。


お守り


境内のいろいろな場所に、紫陽花が咲いていました。
手水舎に浮かべられているのも、境内に咲いていた紫陽花です。


白い紫陽花


駐車場の方に歩いていくと、干支の像が置いてあり、「願かけ割符」の説明が書かれていました。


1)自分の干支の像をなでながら「祓え給い清め給い」と、3度唱える。
2)願い事を込めながら、お守りを中心で割る。
3)2礼2拍手1礼で、神社にお参りした後、割符の片方をかける。


こうすると、願いがかなうそうです。


願かけ割符


「願かけ割符」はしませんでしたが、自分の干支の像をなでました。
一番かわいいと思ったのは、兎の像です。


兎の像


広くて入りやすい駐車場の隣には、「今宮神社御祓い橋」もありました。

橋に刻まれた言葉を胸に参拝することで、心身が清められ、ご利益を得られるようです。


御祓い橋


美しい紫陽花を見られるパワースポットで、たくさんのエネルギーをいただきました。




■今宮神社


さくら市馬場43


※駐車場あり




カテゴリ:遊び場

« »

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930