hitonowa.ner

ヒトノワblog | ログイン

小籠包・中国料理 芙籠(フーロン) (宇都宮市)  

2019年06月04日


~肉汁あふれる小籠包を堪能~



「今年3月に、おいしい小籠包を食べられるお店ができたよ!」と友人の間で話題になっていた「小籠包・中国料理 芙籠」へ、やっと行くことができました。


「小籠包・中国料理 芙籠」のオーナーシェフは、台湾の有名店「鼎泰豐(ディンタイフォン)」で修業された方だとか。
宇都宮で本場台湾仕込みの小籠包を楽しめるなんて、うれしい限り。



お店は栃木県庁のすぐ近く。
通りに面した分かりやすい場所にあります。


芙籠


店内はシックで落ち着いた雰囲気。


シックな店内

ガラス張りの窓があり、そこから小籠包を作っている姿が見られます。
こういうオープンキッチンスタイルのお店だと、目の前でシェフが腕をふるうライブ感を味わえて、楽しいですよね。



席に着くとすぐ提供されるジャスミンティーは、上品な香り。


ジャスミンティー


芙籠ランチセットはどれも小籠包3個、サラダ、小鉢(本日の前菜)、杏仁豆腐(ミニ)が付いて1000円~(税別)。


ランチメニュー

私は芙籠ランチセットから「芙籠タンタン麺セット」(1000円/税別)をセレクト。
店員さんの話によると、メニュー名に「芙籠」と付いているものがおすすめ料理のようです。



前菜に続いて、お待ちかねの小籠包が運ばれてきました。
(黒いお皿の前菜は、芙籠麻婆豆腐セットに付いているものです)


芙籠ランチセット


「小籠包のお召し上がり方」を書いた紙が置かれていたので、それを読みながら酢醤油をかけて、生姜を添えました。


小籠包の食べ方


ご覧あれ~このジューシー感❗


小籠包


ひと口食べると、肉汁がジュワッとあふれでてきます。
ちょうどよい温かさだったので、存分に肉汁を堪能。



あっという間に3個の小籠包を食べ終わり、タンタン麺へ。

白ゴマがたっぷり入ったタンタン麺は、思いのほか濃厚。
コシのある細麺とまろやかなスープが、絶妙なハーモニーを奏でています。


タンタン麺


こちらは芙籠スペシャルランチから友人が選んだ「芙籠麻婆豆腐セット」。

小籠包3個と小鉢(エビチリ)、本日の前菜(2種)、ライス、スープ、杏仁豆腐(ミニ)が付いて1400円(税別)。


ピリッとした辛さの後に、うまみが感じられます。
大人を満足させる味。


芙籠麻婆豆腐セット


最後に、ほんのり甘い杏仁豆腐をいただきました。


杏仁豆腐


どの料理も気品が漂い、一つひとつ丁寧に作っていることが実感できるものばかり。


宇都宮にまた1つ、自慢できるお店が増えました。



■小籠包・中国料理 芙籠


芙籠 地図


カテゴリ:グルメ

« »

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930