カラリア

あなたのイライラをコントロールする感情マネジメント

お問い合わせフォーム

Facebook

感情マネジメントを学ぶと何が変わるか

2017年11月28日

24167292_1530157863732125_1661309045_o

この1年、ある企業様の管理職研修を担当しました。

 

対象は日本を代表するグローバル企業の管理職の皆様。

 

継続的に関わらせていただけたので、

研修前後の感情と行動の変容

どのように起こるのか、

ご協力いただいて調査しました。

 

研修の内容は、4つの分野を網羅した内容です。

①アンガーマネジメント

②メンタルヘルスマネジメント

③ソリューションフォーカスアプローチ(未来解決志向)

④マインドフルネス

 

これらを組み合わせて

感情の理解と感情に振り回されず、

管理職としての「器を広げる」ためにはどうするか

を学ぶことが研修の目的です。

 

受講者の皆様の1番の変化は、

感情的になった自分を

自覚できるようになったこと。

*詳しくはnoteマガジンに記載します。

 

「自分の感情に集中するのではなく、

相手の観察や自分のリラックス方法を考える」

ことを意識できるようになったとの

声をいただきました。

 

感情の渦の中でもがいている人は、

息継ぎも忘れ、むやみに手足をバタつかせている

状態です。

 

自分の身に起こっている変化を

自覚できるようにならないと、

どんなテクニックを

使っても無意味。

まずは、どう息継ぎをするのか、

どうやって手足を動かすのか、

そこから感情マネジメントは始まります。

 

*「note」でカラリアマガジンを始めます。

以前の新聞連載やメールマガジン(休止中)の

内容をもう一度見たい、売って欲しいとの

ご要望を受けて、noteマガジンで販売開始します。

ただいま、準備中です。

出来次第お知らせいたします。

 

****

講演・研修のご依頼は下記のアドレスにお願いします。

48時間以内に返信いたします。

カラリア 連絡先 info@carraria-saito.com

 

(下野新聞掲載)運転時のイライラ対処

2017年10月28日

 

B646B431-3822-48CD-B92B-C9B293FD7571

10/28付け下野新聞にインタビュー記事が

掲載されました。

あおり運転の痛ましい事故を

受けて、

運転時のイライラ対処についてお話ししました。

 

200を超える受講生に書いてもらった

イライラ事例の中でも、

3割の人が最近イライラしたことに

あげる車の運転時の出来事。

 

あおる側、あおられる側双方の主張をもとに

イライラした時何ができるか、まとめていただいてます。

 

そもそも、

事故に巻き込まれる「前」に、

身の危険を察知したら関わらないのが一番です。

あおる側の意見では、

モタモタしてる車をあおり始めて、

それに気づいた相手が睨んでくると、

自分でも止められないほどの

強い怒りがわくそうです…

 

怒りで我を忘れている見知らぬ人に

冷静な話し合いを、と言っても聞く耳

を持ちません。

事故になったら警察に届けることは

当たり前ですが、事故になる前の

にらむ-にらまれる段階ではサッサと

逃げるが勝ち。

「危うきに近寄らず」のフレーズ

を覚えておくといいですね。

 

https://news.goo.ne.jp/article/shimotsuke/region/shimotsuke-104949639.html

 

 

(産経新聞掲載)イライラ対処の授業後、小学生はこう変わった

2017年10月26日

小学生の感情調査について
本日付の産経新聞に掲載されました。
実は、先日の栃木県内の小学校での授業について、
同時に小学生の行動の変容調査をしました。
一人一人どう行動が変わったかを
数値で把握する調査です。
その結果を産経新聞さんに
掲載いただきました。
少し紹介すると、
イライラしての「好ましくない行動」
がほぼ全員減少しました。
好ましくない行動とは、
「悪口を言う」
「その場で言い返す」
「仕返しをする」
などです。
子どもなりに感情のセルフマネジメント
ができることがわかりました。
子どもができるんだから、大人もできるはずですね。

講演会情報 10月 保護者向け(PTA、 里親大会)

2017年10月05日

10月の講演会情報です。

一般の人も対象にした研修会のお知らせをします。

10月7日 芳賀町PTA連絡協議会研修会

10月14日 栃木県里親大会 (*締切終了したようです)  http://www.pref.tochigi.lg.jp/e06/welfare/kodomo/hitorioya/satooyataikai2017.html

興味のある方はチラシを参考にアクセスください。

 

里親会とはご縁があって今年で3年目のお付き合いです。

私は里親さんたちの活動を大変尊敬しているので、

少しでもお役に立てたら嬉しいです。

グループワーク中心で楽しく学べる研修会にする予定です(笑)

 

来月は群馬でも感情マネジメントの一般向けの講演があります。

近くなったらお知らせします。

 

斎藤美華

 

satooya_tirasi

H29研修会アンガーマネジメント講習会(斉藤さん)

Yahoo! ニュース で紹介されました。

2017年08月18日

スクリーンショット 2017-08-18 12.28.04

 

メディア掲載情報

8月6日のYahoo!News に掲載されました。

前回の産経新聞さんの「栃木この人」での

斎藤美華の紹介記事が

yahoo newsで取り上げられていました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170806-00000024-san-l09

 

企業研修でお世話になっている担当者の方から、

「見ましたよ!」と嬉しいお声もいただきました。

記事元の産経新聞の担当記者の方にも

大変お世話になりました。

ありがとうございました。

感情マネジメント講座が産経新聞で紹介されました。

2017年08月17日

メディア掲載情報

産経新聞 7月29日 で紹介されました。

「あなたの怒り方大丈夫? 養護教諭が「怒り方」診断 アンガーマネジメント講習 栃木」

http://www.sankei.com/region/news/170729/rgn1707290028-n1.html

 

養護教諭は校内でも子ども、教員、保護者、

外部医療機関と様々な人たちと関わります。

校内で一人しかいない職種のため、

責任も重く、感情的にも孤独感が強まります。

 

今回は、心の専門職と共同で子供達を

みていくこともある養護教諭向けに、

従来のアンガーマネジメント研修ではなく、

認知心理学的な内容を多く入れた

「感情マネジメント」として

お話ししました。

本来、「イライラ」の感情だけで

人間の行動を説明できません。

様々な感情がある一人の人間と

して、思うこと・行動することを

考えなければならないと、

研修を重ね参加者の反応を

見ているうちに感じています。

 

出来事から生じる感情を中心に、

職場であるある事例を多く使ったので、

より深く理解できる講演だったと

感想を多くいただきました。

取材の記者の方が「すごく必要!」

と感心していただけて、

今回の記事の掲載となりました。

 

後日、個別に学校への講演依頼

もあったりして、

ますます栃木県内で感情を

セルフコントロールできる

教員が増えていくことと思います。

今年度の小中学校PTA研修は?

2017年03月24日

2016年度は多数の教育委員会、

学校、PTA団体様から講演の依頼がありました。

こちらのブログでも都度様子をご紹介していましたが、

改めて、担当者の方には大変お世話になりました。

その地域の名産のお土産を頂いたり、

お花をいただいたり、

お気遣いありがとうございました。

お礼申し上げます。

IMG_9569

 

出講先

学校関係(保育も含む)では

栃木県教職員協議会http://www.t-t-c.org/blogs/1344

栃木県教職員組合

宇都宮市教育委員会、

鹿沼市教育委員会、

芳賀町教育委員会、

市貝町教育委員会http://schit.net/ichikai/jhichikai/jo0owpewf-182/

宇都宮市PTA連絡協議会、

鹿沼市校長会、

緑ヶ丘小学校、真岡東小学校

県南保育研究会

様 他多数から

保護者、教職員向けのアンガーマネジメント研修の

ご依頼があり、

たくさんの教職員、保護者の方に

お話を聞いていただきました。

IMG_9567

 

いつも、会場の皆様に

「アンガーマネジメントって言葉

を聞いたことある人はいますか?」

と聞いています。

 

以前は、「全く知らない」がほぼ9割。

この1年では大違いです。

「新聞連載を読んでいました!」と答えてくれたり、

書籍「子どもに関わる〜」を掲げて見せてくれたり、

と嬉しい反応が返ってくるようになりました。

 

ご依頼のほとんどは、口コミです。

私の研修をご紹介していただいているようで、

ありがたい限りです。

 

学校職員の立場、

教育行政の立場、

保護者の立場の

3方向の経験があるので、

事例が特にわかりやすいと感想をいただきました。

 

感情の問題は、

「本音と建て前」では

本音の部分です。

立場は違えば、本音も違います。

その立場によってイライラの視点が

変わってくるのです。

 

なぜ、イライラするのか?

受講者の納得して理解するためには、

私自身の「経験」からくる「実感」

を話すことが必要だなぁと

感じています。

 

学校のHPにもご紹介頂いてました。

http://www.moka-tcg.ed.jp/mohijsc/index.php?key=jovutq9b6-96

宇都宮市PTA便りに私の名前が載っていたので、

子どもに、これがお母さんの仕事です。

と話すことができました。

スクリーンショット 2017-03-24 10.48.42

 

*講演依頼、執筆依頼は
info@carraria-saito.com に直接お願いします。

ご依頼内容をお聞きして、ニーズに合った

研修プログラムを作ります。

 

講演実績は下記のHPにて紹介しております。

http://www.carraria-saito.com

イライラ相談を受けたママのその後は?

2017年03月17日

17200221_1280393182041929_1912695325_o

 

先週、池袋のママ向けイベントに出展してきました。

会場は、ベビーカーを押したり子供をおんぶしてるママがたくさん!

私はママ向け「イライラ解決!の相談」の担当です。

 

7名ほどのママをお相手しました。

一般の方が2名で他は、同じ職種の方達。

同じアンガーマネジメントファシリテーターとして

活動している方でも、アンガーマネジメントテクニックを使った

コンサルは初めてとのこと。

一人当たり15分くらいで解決のための行動まで

落とし込みをします。

 

ちょっとしたことで、行動を変えることができます。

イラっとする時は、「何かがおかしい」と感じている時。

それに自分で気づいて変化を起こすため、

何が必要か見つけて、質問をするのがわたしの役割。

 

バッチリはまると、

目を輝かせてくれるママの笑顔が印象的でした。

「今日の夜からやってみます!」と宣言する方多数。

17175948_1280352282046019_1443785217_o

実際に相談をしてくれたママが、

3回シリーズで、子供と自分のその後の変化までを

ブログで紹介してくれました。

http://ameblo.jp/harokams/entry-12255286772.html

 

こんな変化が起こると、子育ても楽になりますよねー。

行動に移して結果が出て良かったです。

 

最近は、講座でもその後のコンサルの依頼が増えてます。

もし、興味のある方は、メールにてお問い合わせください。

info@carraria-saito.com

・・・・・・・・・・・・・・・・

直近の公開講座のお知らせ

4月8日宇都宮市 アンガーマネジメント入門講座

http://hitonowa.net/blog-mika/courses/

「毎日小学生新聞」に掲載されました⭐︎小学校でのアンガーマネジメント授業

2017年02月24日

毎日小学生新聞1

2017年2月22日付け、毎日小学生新聞に掲載していただきました。

毎日小学生新聞は、小学校中学年~中学生とその保護者を対象としています。

発行部数約9万部の全国版日刊紙です。

 

毎日新聞の記者の方は、小学校側に取材に行かれたようです。

授業の内容が詳しく掲載されています。

 

母親が感じた子供の変化など、

こちらのブログからも引用されていました。

 

毎日小学生新聞2

 

学校ぐるみで、先生、子ども、保護者の3つ巴で

アンガーマネジメントを学ばれた事例として大変貴重だと思います。

大人、子ども向けに使う言葉、事例、構成など工夫した点を

学校側にも評価していただいて、講師として嬉しい限りです。

 

斎藤美華

 

 

*アンガーマネジメント講演依頼、執筆依頼は

info@carraria-saito.com にお願いします。

来年度のご依頼、続々といただいております。
直接こちらからお問い合わせください。
2、3日以内に折り返しメールを返信します。

講演実績は下記のHPにて紹介しております。

http://www.carraria-saito.com

 

夫ができる夫婦間のイライラ対策

2016年11月10日

昨日はトランプショックでした!
アメリカ国民が選んだ国のリーダーとして
尊重するべきでしょう、と
頭ではわかっていても、
心は、テレビに映るあの姿を
受け入れがたい自分がいます・・。
 
〇〇○〇〇○〇〇○〇〇○〇〇○
 
来週、某企業で30代男性社員向け
研修に登壇します。
継続的に呼んで頂いて3年目です。
受講予定者の個別のイライラ傾向を
診断中なのですが、結果を見て、
多分、こんなことでイライラしてる
ことが多いだろうと予測しました。
 
それは、夫婦喧嘩。
 
今日は、
下野(しもつけ)新聞で斎藤が
執筆していた
「実践イライラ対処術Q&A編」
の本文を掲載します。
 
さいとうの公開講座は男性も多く
参加されます。
その時の怒り事例で一番多いのが
「妻との関係」。
 
妻は友達とかに喋って発散できるけど、
夫は一人で溜め込みます。
 
その姿が、妻から見ると、
「聞いてるの?」「何考えてるの?」
と余計にイラっとさせるみたいですが・・。
そんな夫の事例です。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 妻と話す時、お互いにストレスがたまって
いるせいか、つい険悪になってしまいます。
けんかになると、子どもが悲しい顔をして
こちらを見ていて、
このままではいけないと思っています。
 
 
 A 心に余裕がない時は、ちょっとした
ことでもイラッとします。
「触らぬ神にたたりなし」の場合もあると思いますが、
顔色を伺う毎日では健全な生活とはいえませんね。
 筆者の講座でも、夫婦げんかの事例を「怒りの日記」
として書く方が男性側に多いです。
ちなみに、女性は子どもこと、勤め先のことで
怒っている人が多い傾向があります。
 夫婦げんかについて、
妻側は言いたいことを言って
スッキリするけど、
夫側はしこりが残っている印象を受けます。
img_7841

「けんかするほど仲がいい」。
これは、怒りに関する迷信といえます。
怒りのぶつけ合い(けんか)ではなく、
本音で話し合うという意味では
仲良くなれるかもしれません。
 
夫婦げんかに関しては、
特に、子どもが見ている前では、
怒りの表現の見本になっていること
を忘れないでください。

けんかの状態では、お互いに「許せない一言」
を衝動的に言ってしまいがちです。
 「ムカつく!」と感情をぶつけ合い、
攻撃性が増します。
 攻撃すると相手の自己防衛を
引き出してしまうので、
お互いに「本音」にはなりませんよね。

夫婦げんかをエスカレート
させない方法を紹介します。
いったん、その場から離れる
「タイムアウト」を夫婦の
約束事としてみましょう。
 怒りの高まりをコントロールできます。

話しているうちに「これは危ないぞ」と感じたら、
イライライしてる方が「タイム!」と宣言して、
しばらくの間距離を置きます。
 
1時間後など2人で決めた時間
だけその場を離れます。
前もって時間の長さは決めてください。
 
逃げや見捨てる手段ではないことを
互いに了解しておきます。

夫側が冷静なら
「2人でイライラし始めているな。
この話は、後で疲れていない時にするとしよう」
と提案できます。
 
離れたら、身体の緊張を緩めて
興奮を静めましょう。
衝動のコントロールができれば、
次第に状況が好転していくはずです。
引用資料
2016年5月9日 下野新聞くらし面
「実践イライラ対処術Q&A編」No11
斎藤美華
*無料メルマガへのご登録ありがとうございます。

1年間の新聞連載後に

多数寄せられた

もっと知りたい!との

ご要望にお応えして
メルマガを始めました。

斎藤美華の公開講座の

情報も合わせて配信しますので、

ぜひご登録ください。

登録はこちらから

https://q.bmv.jp/bm/p/f/tf.php?id=saito_mika

カラリア公式HPはこちらから

http://www.carraria-saito.com

1 / 212

「イライラ、モヤモヤ、不安な気持ちから解放されたい。」
「自分の感情を上手に扱いたい。」
「感情のエネルギーをより良い方向に使いたい。」
そのお手伝いがしたくて、アンガーマネジメント、レジリエンス、認知行動療法を組み合わせた『感情マネジメント』についてお話しをしています。

「イライラ、モヤモヤからさようなら」するためには、まずは、自分の感情と素直に向き合ってみましょう。
心の安定の手段として感情マネジメントをおすすめします。

あなたのイライラをコントロールする感情マネジメント