カラリア

あなたのイライラをコントロールする感情マネジメント

お問い合わせフォーム

Facebook

学童保育のイライラをどうするか

2017年12月18日

第23回栃木県学童保育研究集会にて

分科会の1つを担当しました。

初めての佐野日大短大。

係りの方から、分科会では一番人気でしたよとのこと。

25317340_1543937795687465_2010686560_o

学童保育に携わる方たちは、

学校教員とは異なる立場で子ども

や親と接しています。

 

子どもにとっては、学校の先生より身近な存在。

先生とも親とも違う立場の大人なので、

えてして口答えや粗暴な態度を取りがちです。

 

今回は子どもにとって身近な大人の見本として

自分の感情をどう扱えばいいのか、

を考える分科会にしました。

 

具体的には、

そもそも感情ってなんだろう

感情表出について、望ましいコミュニケーションや

自己の感情コントロールについてお話をしました。

25319614_1543937765687468_204078142_o

 

重要なのは、今の自分のこと、状態を知って、認めて、

どう対処したいのか?

あなたはどう対処するのか?です。

 

イライラしたら◯秒数える・・など、

秒数をカウントすればいいんでしょ?

と、質問されることが多くなってきました。

6秒待った。それでもイライラは消えない。

むしろ、増した。

だから怒鳴るべきだ、と、

爆発するまでのカウントダウン

になっている人の話を最近よく聞きます。

本末転倒ですね。

 

なぜ、体が興奮しているのか、

興奮していると何が起こるのか、

怒りの感情に巻き込まれると自分はどうなるのか、

を理解した上で、

では、どうする?どうしたい?

と自分を見直す必要があります。

 

キャッチーな言葉、安易な方法に飛びつきたくなる

気持ちはわかりますが、

上っ面を装っても子どもは見透かします。

まずは、仕組みを理解した上で実践して行きましょう。

25346441_1543937782354133_1022417039_o

 

今日も、これからPTA講演会があります。

「理解、納得、共感」できると行動できると

言われます。

共感できて「やってみよう」をゴールに

お話してきます。

 

*講演依頼、研修依頼については、

info@carraria-saito.com  へお願いします。

折り返し、こちらからご連絡いたします。


カテゴリ:仕事,感情マネジメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

« »

「イライラ、モヤモヤ、不安な気持ちから解放されたい。」
「自分の感情を上手に扱いたい。」
「感情のエネルギーをより良い方向に使いたい。」
そのお手伝いがしたくて、アンガーマネジメント、レジリエンス、認知行動療法を組み合わせた『感情マネジメント』についてお話しをしています。

「イライラ、モヤモヤからさようなら」するためには、まずは、自分の感情と素直に向き合ってみましょう。
心の安定の手段として感情マネジメントをおすすめします。

あなたのイライラをコントロールする感情マネジメント