hitonowa.ner

ヒトノワblog | ログイン

カラリア

(下野新聞掲載)運転時のイライラ対処

スポンサーリンク

(下野新聞掲載)運転時のイライラ対処

2017年10月28日

 

B646B431-3822-48CD-B92B-C9B293FD7571

10/28付け下野新聞にインタビュー記事が

掲載されました。

あおり運転の痛ましい事故を

受けて、

運転時のイライラ対処についてお話ししました。

 

200を超える受講生に書いてもらった

イライラ事例の中でも、

3割の人が最近イライラしたことに

あげる車の運転時の出来事。

 

あおる側、あおられる側双方の主張をもとに

イライラした時何ができるか、まとめていただいてます。

 

そもそも、

事故に巻き込まれる「前」に、

身の危険を察知したら関わらないのが一番です。

あおる側の意見では、

モタモタしてる車をあおり始めて、

それに気づいた相手が睨んでくると、

自分でも止められないほどの

強い怒りがわくそうです…

 

怒りで我を忘れている見知らぬ人に

冷静な話し合いを、と言っても聞く耳

を持ちません。

事故になったら警察に届けることは

当たり前ですが、事故になる前の

にらむ-にらまれる段階ではサッサと

逃げるが勝ち。

「危うきに近寄らず」のフレーズ

を覚えておくといいですね。

 

https://news.goo.ne.jp/article/shimotsuke/region/shimotsuke-104949639.html

 

 


カテゴリ:仕事,感情マネジメント

人気記事ランキング

まだデータがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

« »