カラリア

あなたのイライラをコントロールする感情マネジメント

お問い合わせフォーム

Facebook

(下野新聞掲載)運転時のイライラ対処

2017年10月28日

 

B646B431-3822-48CD-B92B-C9B293FD7571

10/28付け下野新聞にインタビュー記事が

掲載されました。

あおり運転の痛ましい事故を

受けて、

運転時のイライラ対処についてお話ししました。

 

200を超える受講生に書いてもらった

イライラ事例の中でも、

3割の人が最近イライラしたことに

あげる車の運転時の出来事。

 

あおる側、あおられる側双方の主張をもとに

イライラした時何ができるか、まとめていただいてます。

 

そもそも、

事故に巻き込まれる「前」に、

身の危険を察知したら関わらないのが一番です。

あおる側の意見では、

モタモタしてる車をあおり始めて、

それに気づいた相手が睨んでくると、

自分でも止められないほどの

強い怒りがわくそうです…

 

怒りで我を忘れている見知らぬ人に

冷静な話し合いを、と言っても聞く耳

を持ちません。

事故になったら警察に届けることは

当たり前ですが、事故になる前の

にらむ-にらまれる段階ではサッサと

逃げるが勝ち。

「危うきに近寄らず」のフレーズ

を覚えておくといいですね。

 

https://news.goo.ne.jp/article/shimotsuke/region/shimotsuke-104949639.html

 

 

(産経新聞掲載)イライラ対処の授業後、小学生はこう変わった

2017年10月26日

小学生の感情調査について
本日付の産経新聞に掲載されました。
実は、先日の栃木県内の小学校での授業について、
同時に小学生の行動の変容調査をしました。
一人一人どう行動が変わったかを
数値で把握する調査です。
その結果を産経新聞さんに
掲載いただきました。
少し紹介すると、
イライラしての「好ましくない行動」
がほぼ全員減少しました。
好ましくない行動とは、
「悪口を言う」
「その場で言い返す」
「仕返しをする」
などです。
子どもなりに感情のセルフマネジメント
ができることがわかりました。
子どもができるんだから、大人もできるはずですね。

中学校での感情マネジメント授業

2017年10月13日

栃木県内の中学校で全校生徒対象に

感情マネジメントの授業をしました。

DSC00062

学校保健会が中心になって、

生徒たちのイライラの調査を事前に

して、その発表会もありました。

 

生徒のイライラは日常茶飯事。

私からは、その対処をどうするか、

感情を理解するところからお話ししました。

その様子が学校HPで紹介されていましたので、

ご紹介します。

別ページでは感想も紹介されています。

http://www.nikko.ed.jp/imaichi-jh/modules/journal/journal_detail.php?block_id=35&news_id=867&op=comment#35

 

中学生なりに自分ごととして感じてくれたようです。

多分、中学校を卒業してから

この授業のことを思い出すと思います。

 

キャリア教育の一環としても大変有効な授業だと

校長先生からご意見をいただきました。

 

難しいと思って試さないか、

どんどん試してみるかで

その後の人生が変わるかも?ですよ。

講演会情報 10月 保護者向け(PTA、 里親大会)

2017年10月05日

10月の講演会情報です。

一般の人も対象にした研修会のお知らせをします。

10月7日 芳賀町PTA連絡協議会研修会

10月14日 栃木県里親大会 (*締切終了したようです)  http://www.pref.tochigi.lg.jp/e06/welfare/kodomo/hitorioya/satooyataikai2017.html

興味のある方はチラシを参考にアクセスください。

 

里親会とはご縁があって今年で3年目のお付き合いです。

私は里親さんたちの活動を大変尊敬しているので、

少しでもお役に立てたら嬉しいです。

グループワーク中心で楽しく学べる研修会にする予定です(笑)

 

来月は群馬でも感情マネジメントの一般向けの講演があります。

近くなったらお知らせします。

 

斎藤美華

 

satooya_tirasi

H29研修会アンガーマネジメント講習会(斉藤さん)

「イライラ、モヤモヤ、不安な気持ちから解放されたい。」
「自分の感情を上手に扱いたい。」
「感情のエネルギーをより良い方向に使いたい。」
そのお手伝いがしたくて、アンガーマネジメント、レジリエンス、認知行動療法を組み合わせた『感情マネジメント』についてお話しをしています。

「イライラ、モヤモヤからさようなら」するためには、まずは、自分の感情と素直に向き合ってみましょう。
心の安定の手段として感情マネジメントをおすすめします。

あなたのイライラをコントロールする感情マネジメント