カラリア

あなたのイライラをコントロールするアンガーマネジメント

お問い合わせフォーム

Facebook

思春期の怒りと親の対処法。

2016年04月27日

13086882_1009731482441435_6678108909085762129_o

下野新聞でも連載も24回を超えました。

最近、今までの記事を切り抜いて講座に持ってきてくれる受講生がいます。楽しみにしてますと励まされたので、中だるみしないように、今までの掲載原稿を一気読みしてモチベーションを高めてみました。

今日は、5月中旬掲載予定の思春期の子供に対する親の怒りについて書きました。
書きながら、自分の中1の子供とのやり取りを思い出して、ニヤニヤしちゃいます。

思春期の怒りは自己の確立のためには必要なこと。でも、親も人間なので、口答えされたり嫌な態度をされるとムカっときます。子供が親に批判的な視点を持つことに対する戸惑いと、今までとは違う子どもの態度への戸惑いから、子供に対してイライラが募りやすいのは自然なことです。

要は同じ土俵に立って喧嘩しないということですね。売り言葉に買い言葉で喧嘩して親子関係を壊すのは簡単ですが、ずーっと続く親子関係にとってはこじらせる原因になってしまいます。

親の視点を「この子は今は怒りに対してこのような表現しかできないのだ」「私を困らせるためにやっているのではない」などと思考の枠組みを広げてみるのをお勧めします。

写真は中1の息子の中学校の教科書のほんの1部。自分たちの中学時代と比べて一冊が分厚い。内容もより詳しい。

勉強に運動に友達関係に、中学時代ってイライラしやすいよねー。お母さんにも当たるわけだよねーと、私自身も思考の枠組みを広げてみました

今から、栃木県南で保育士&保護者向け研修です。連載を読んでくださっている所長さんからのオファーで実現しました。私も経験した幼児期の親のイライラ。事例たくさんありすぎてどれにしようか迷いますね

怒りやイライラから解放されたい。
怒りの感情を上手に扱いたい。
怒りのエネルギーをより良い方へ使いたい。
そのお手伝いがしたくて、ファシリテーターとしてアンガ-マネージメント講座を開催しています。

「イライラからさようなら」するためには、まずは、自分の感情と素直に向き合ってみましょう。
心の安定の手段としてアンガーマネジメントをおすすめします。

あなたのイライラをコントロールするアンガーマネジメント