カラリア

あなたのイライラをコントロールする感情マネジメント

お問い合わせフォーム

Facebook

夏休み中お母さんのイライラをプラスのエネルギーに変える。

2015年07月31日

11796402_858313734249878_3864199155995967415_n-3

夏休み、子どもが家にいるとお母さんの負担が増えますよね。子どものお昼ご飯、お手伝いのチェック、夏休みの宿題の進行状況などなど。

我が家の息子は小学6年生なので、私としては息子に求める水準が高くなっています。

そんな中、夏休みの宿題のひとつ、総合学習(調べ学習)のまとめ方について、意見の相違がありまして、エスカレートして口喧嘩。

カチンときましたが、そこは「アンガーマネジメントファシリテーター」として冷静になり、現実的具体的な対処策を考えます。

私の場合、
「だったら、どっちが分かりやすくまとめられるか勝負だ!」と、調べ学習バトルを挑みました。小6男子に大人気ないですけど☺️

調べる内容は、近所の遺跡の「百穴古墳」について。

思春期に入っている小学校6年生男子なので、素直にお母さんの意見(アドバイス)が聞けなくなってきてます。「小言」を言われたと、逆に反発するだけです。

調べたことをズラズラ書くのではなく、各項目ごとに筋道を立て、補足説明も入れて、読む人がわかりやすく調べたことをまとめる「べき」だと私は思っているので、一番伝わるのは「やって見せる」だと思いました。

絶対負けられないぞ‼️

と、こんな感じに怒りをプラスのエネルギーに使おう!というイベントを明日開催します。日本アンガーマネジメント協会関東支部の設立1周年記念イベントです。

協会を代表する4名の講師に「怒りをパワーに変えるとは」について、各専門分野からお話してもらいます。中でも篠真希さんの「思春期のイライラをパワーに変える!」のは、我が家にピンポイントで刺さります☺️

怒りはマイナスに作用することも多いですが、実は、プラスの行動を起こす素晴らしいエネルギーになります。今回はそこに焦点を当てたイベントです。

運営者としてイベントの最終チェックしながら、調べ学習もしてやる!っと燃えております

11791775_888081457941190_1688055807_n

自分の怒りポイントをご存知ですか?

2015年07月27日

11651221_840181452729773_653751765_n

 

アンガーマネジメント・アドバイザーの私、斎藤の各種講座では、アンガーマネジメント診断を受けていただきます。(希望者のみ。有料)。

参加者の方が診断された内容によっては、講座で使う事例を変えます。

「自分ごと」として感情を理解していただくためには、とても必要なこと。

他人の怒りより、自分の怒りを想定した方が理解しやすいですよね。「あー、わかる」と思ってもらうことが一番重要。

先日の入門講座では、全員、診断を希望していただいたので診断を受けていただきました(受講後に希望した方も含む)。

 

講座終了後、「用心堅固」タイプの方から悩みを相談されました。

「用心堅固」とは簡単にいうと「人や物事に対して慎重」な反面「人間関係を上手に作れない」特徴があります。そこが怒りのポイントになるのです。かなり個別性があります。怒りポイントって人によって違うんですよ!とお話すると、皆さん驚きます。

 

他人に対して慎重な傾向が強い方から相談を受けるとは、光栄の極みでございますなぜなら、講座を受けていただいて、結果として私を信用していただいたからです☺️。

栃木県宇都宮市での講座開催を重ねるにつれ&月一回のアンガーマネジメント協会関東支部での勉強会を運営して事例のストックを増やすにつれ、私の講座もステップアップしてきたようです。

コツコツ勉強してきたことが、講座を受講していくださる方の深い理解と私への信頼につながっていることに喜びを感じます。

 

*講座のご案内

8/9 アンガーマネジメントキッズインストラクター養成講座

子どもにアンガーマネジメントを教えることができるインストラクターを養成します。キッズワークブック、テキスト付きで子どもに伝えるポイントを学びます。入門講座の内容(通常1時間半)も2時間かけてワークをとおしてじっくり学べますので、子どもを指導する立場の方、保護者の方、介護系の方に多く受講していただいてます。

詳細・お申し込みはこちらから http://hitonowa.net/blog-mika/courses/宇都宮「アンガ-マネジメントキッズインストラク/

8/29 アンガーマネジメント 診断講座

アンガーマネジメント診断ができるよう、個別の怒りポイントについて深く学びます。受講後、診断システムを使って自分でアンガーマネジメント診断を販売することができるようになります。自分の家族、職場、などで周りの人にアンガーマネジメント診断をしていきたい人に最適です。

http://hitonowa.net/blog-mika/courses/宇都宮市「アンガ-マネジメントキッズインスト-2/

 

9月以降の講座についてはこちらから http://hitonowa.net/blog-mika/2015/09/?post_type=courses

栃木県 先生達からアンガ-マネジメント 

2015年07月22日

image

前回の宇都宮キッズインストラクタートレーナー養成講座の様子です。

栃木県各地から学校管理職、中学校教員、保育士、大学などの教育職に就いている方達に参加いただきました。

子どもに教える前に大人がまず理解する。反射の行動を防ぐ怒りの対処術を体験していただきました。

image

子ども向けのアンガ-マネジメントワークは大人がやっても面白い。

子どもの笑顔のために学ぶ素晴らしい先生達です。

自然と大人が笑顔になっていきます。

image

私、斎藤は以前、中学校、小学校、教育事務所で働いていました。そこで見てきた先生達のストレスは大変なもの。キャリア教育の学校コンサルをしているとき、まずは先生達の心のコントロールが必要だなと感じてました。

先生達のイライラは生徒達に伝染します。まずは、大人から自分の怒りを周りに伝染させないことが重要ですね。

 

☆講座開催のお知らせ☆

8月9日 キッズインストラクター養成講座 宇都宮

お申込みはこちらhttp://hitonowa.net/blog-mika/2015/08/?post_type=courses

8月29日 アンガ―マネジメント診断講座 宇都宮

お申込み、詳細はこちらから http://hitonowa.net/blog-mika/2015/08/?post_type=courses

PTA講演会でアンガーマネジメント

2015年07月17日

小学校 PTA講演会

栃木県佐野市の小学校のPTA講演会にお招きいただきました。

全校児童30名ほどの小さな小学校です。

 

保護者の方と先生たち向けにお話しました。

小学校 PTA講演会

自分の怒りをお隣さんとシェアしていただくワークでは、話しが止まらない!

お母さんたちの特徴として、「毎日毎日同じことで注意していると、次第に怒りに変わっていく」傾向があるように感じました。通学班でのこと、朝ごはんで茶碗を並べる時のこと、朝の登校準備のこと、宿題のこと・・・。私も同じ小学生ママなので、子供を叱りつけている情景が目に浮かびました

今回の目的は、「お母さん、先生から怒りの感情を理解しましょう。感情への対処方法の良い見本となりましょう」です。怒りの原因になっている感情について自分で知ってもらうワークを中心にしました。おまけで、「叱り方」のお話をしたところ、後ろに座っている先生達のメモを取る手が止まらない!状態でした。

↓校長先生、教頭先生もワークに参加していただきました

小学校 PTA講演会 ワーク

 

 

保護者の感想には

「いろいろわかる年齢になった子ども達に今日のお話を伝えたい」

「自分をコントロールすることの大切さがわかった。納得させるための叱り方の重要性を感じた」

「子どもの「べき」はいじめにもつながると思いました。」

「何かあったとき、自分で言わずに溜め込んでしまっていたけど、相手に伝えることが大切なんだと今後に活用できる内容でした」

など、ポイントを押さえた素晴らしい感想をいただきました。

 

私が子育て世代に積極的にお話させていただいている理由は、親、特にお母さんにお伝えすると、必ずお子さんに教えていただけるからです。「子どもは親の鏡」なので、まずは家庭から怒りの連鎖を断ち切ることができると思っています。

先生達にも保護者と同じ内容を聞いていただいたので、家庭でも学校でも共通認識をもっていただけたのではないかと思います。

校長先生には「わかりやすかった!」と笑顔で感想を言っていただきました。喜んでいただいてよかったです

お土産に子供達が栽培したジャガイモを袋いっぱいいただきました!かなり嬉しい キメが細かくて身がしっかりしたジャガイモでした。肉じゃがにして美味しくいただきました。この場を借りてお礼申し上げます。

「イライラ、モヤモヤ、不安な気持ちから解放されたい。」
「自分の感情を上手に扱いたい。」
「感情のエネルギーをより良い方向に使いたい。」
そのお手伝いがしたくて、アンガーマネジメント、レジリエンス、認知行動療法を組み合わせた『感情マネジメント』についてお話しをしています。

「イライラ、モヤモヤからさようなら」するためには、まずは、自分の感情と素直に向き合ってみましょう。
心の安定の手段として感情マネジメントをおすすめします。

あなたのイライラをコントロールする感情マネジメント