カラリア

あなたのイライラをコントロールする感情マネジメント

お問い合わせフォーム

Facebook

アンガ-マネジメント講師としてのプロフィール

2015年02月22日

先日、文章セミナーに参加しました。
小学生のころから、読書感想文がすっごく苦手。
社会人になってから記事やエッセイ的なものを
書くことが多くなり、その都度、
赤ペンで上司に真っ赤に直される日々。
現在、アンガ-マネジメントの講師として
ブログを書いたり、メディアに執筆の仕事が
増えてきたので、ちょうど良いタイミングで
セミナーに誘っていただきました。

宇都宮セミナーズ主催

「相手に思いが伝わるストーリー文章術セミナー」の

講師の山口拓郎さんはプロのライター。

著書に「伝わる文章が『速く』『思い通り』に書ける」

があります。

文書セミナーで学んだことは、

伝わるためには時間の経過と高低差が必要。

さっそく使って、
自分のプロフィールを作ってみました。
アンガ-マネジメントの講師としての
プロフィールです。

「転勤族の妻として、3年前に宇都宮に引っ越す。
また、転勤があるかも?と新しい土地では
あえて友達を作らず2年間過ごす。

子どものPTA活動やママ友づきあいに
イラッとすること 多く、専業主婦生活に
悶々する日々を送る。

子どもに「なんで、家の中にばっかりいて
『仕事』しないの?」
と言われたことがきっかけで、
自分なりの仕事を模索する。

そんなときに、
アンガ-マネジメントに出会い、
イライラ頻度と強度の高い
自分と同じように悩んでいる
人に伝えたいと一念発起し、養成講座で学び、
ファシリテーターとして講師デビューをする。

現在は(社)日本アンガ-マネジメント協会所属の
シニアファシリテーターとして各種講座を開催。
教育委員会、企業、厚労省外郭団体等への
講演、フリーペーパー、雑誌等への執筆も行う。

アンガ-マネジメント協会関東支部の
副支部長として毎月勉強会を開催し、
ファシリテーター同士の学びの場、
交流の場を設けている。」

どうですか?伝わりますか(^^)

hajime

2015年02月16日

2014-11-15 11.12.43mika

「イライラ、モヤモヤ、不安な気持ちから解放されたい。」
「自分の感情を上手に扱いたい。」
「感情のエネルギーをより良い方向に使いたい。」
そのお手伝いがしたくて、アンガーマネジメント、レジリエンス、認知行動療法を組み合わせた『感情マネジメント』についてお話しをしています。

「イライラ、モヤモヤからさようなら」するためには、まずは、自分の感情と素直に向き合ってみましょう。
心の安定の手段として感情マネジメントをおすすめします。

あなたのイライラをコントロールする感情マネジメント